バナー

テキスト トータルビューティーワーク REBOL

記録をつける

ダイエットを挫折せずに成功させるために「毎日の記録をつける」

ということは、大きな助けとなります。


毎日の体重の推移、自分が食べたものや行った運動の記録をつけることには

大きな意味と、メリットがあります。


筆者がダイエットに成功したときも、もちろん毎日記録にしていました。

現在もリバウンド防止のために続けています。


記録の形

記録の形にはさまざまなものがあります。


ブログや日記のような形で詳しく書くもの。

方眼紙のような目盛りの入ったものに、単純に体重の推移グラフを書いていくもの。

どのようなものでも良いので、自分が一番書きやすいと思った形で記録しましょう。


その中で、最低限記録しておかなければいけないのは、毎日の体重の推移です。

これは、ダイエットをしているのであれば当然ですね。


記録に書き込むこと

その他には、その日行った運動の内容や時間を書いておくと良いでしょう。

運動を行った次の日に体重が減っているこを目で見て確認できれば、

次からはより運動をするモチベーションも高まりますね。


逆に、運動を休んでしまった次の日に体重が増えていたら、

「サボってはいけないな」と反省することができます。


また食べたものを記録しておけば、

食べ過ぎた次の日に体重を見て反省できます。


少し食べる量を減らして、次の日に体重が減っているのを見れたら

嬉しくなって、また頑張ろうという気持ちがわいて来ますよね。


そうしている間に自然と運動する日数も増え、

食事量も減らすことができるのです。


ダイエットの記録が長く続けば、日記や気持ちの積み重ねになります。

「ああ、いままでこれだけ頑張ったんだな」という達成感があれば、

さらに続けて頑張っていこうという気持ちも自然と出てくるものです。


難しいことはさておき、まずは最初の1ページからはじめてみましょう。

1ヶ月半で10kgの減量に成功!(女性向け)

トータルビューティー

バナー

男性専用ダイエットメソッド(男性版では売上ランキングトップ)

REBOL

バナー

日々のケア 関連ページ