バナー

テキスト トータルビューティーワーク REBOL

20分で行う有酸素運動

有酸素運動は、一回にどれくらいの時間行えば良いのでしょうか?

良く「有酸素運動は20分間以上やらないと効果が無い」と言われますね。

これは本当にそうなんでしょうか?


たしかに、有酸素運動で脂肪が分解され始めるまでには、

ある程度の時間がかかるとされています。


運動のはじめは、血液中などの糖質がエネルギーとして使用されます。

そして糖質の減少とともに、徐々に脂肪をエネルギーとして使うようになります。

その切り替えが、だいたい20分あたりからだ、と言われているのですね。

 

20分以上という時間にこだわる必要はない

たしかに、使用するエネルギー源が脂肪に切り替わるまでには

ある程度の時間がかかります。

しかし、その間脂肪は全く消費されないのかと言うと、そうではありません。


糖質はエネルギーに変わりやすいので、最初に分解されます。

だからと言って、その間脂肪が全く分解されないという事はありません。


運動をするときに使われるエネルギー源は、

時間だけではなく、運動のレベルによっても変わってきます。


強度が強い運動は、瞬発的な力が必要になります。

ですから、分解し易い糖質がより多く使われます。


逆に、軽めの運動を長時間続けるような場合は、

エネルギー源に脂肪が多く使われると言われています。

ですから、無理に20分という時間にこだわる必要はないのです。


仮に糖分しか消費されなかったとしても、後で余った糖分は脂肪に変わります。

それが無くなるというだけでも、大きな意味はありますよね。


ですから、10分でも、5分でも、細切れで何度か運動をするだけでも

無駄になることはありません。


もちろん、できれば長い時間有酸素運動を行った方が効果はあります。

しかし"20分"という数字にこだわるあまり無理をしたり、

「10分じゃ無駄だから」と運動を休んでしまう必要はないのです。


「20分以上やらなきゃ」というプレッシャーがあると、

運動が嫌になってしまうこともあります。

有酸素運動は「できるときに、できるだけ」でも十分に効果があるのです。

1ヶ月半で10kgの減量に成功!(女性向け)

トータルビューティー

バナー

男性専用ダイエットメソッド(男性版では売上ランキングトップ)

REBOL

バナー

効果的に運動しよう 関連ページ