バナー

テキスト トータルビューティーワーク REBOL

食後に...

筆者は、いつも夕食後に運動を行っています。

一日の疲れから、どうしても夕食を豪華にしたくなってしまい、

ついついたくさん食べてしまうからです。


余分に摂取してしまったカロリーを、寝ている間に脂肪にしたくないので、

その前に有酸素運動を行って余分なカロリーを消費しなければいけないのです。

また、朝や昼などはなかなか運動をする時間がないのも理由のひとつです。

 

食後に運動することのススメ

 

夕食前に運動を行っても良いのですが、

空腹時に運動をすると余計にお腹がすいてしまいます

その状態で夕食を控えるなんてことは難しいですよね。


それに、空腹が強くなった状態で食事を摂取すると、

より多くのカロリーを吸収しようとしてしまいます。

そういった様々な点から考えて、夕食後に有酸素運動をするようにしています。

 

食後に運動するときの注意点

 

食後に運動をするときに注意しなければいけないのは、

あまり食べ過ぎないようにすることです。


たくさん食べてから運動をすると、気持ち悪くなってしまったり、

体が重くてうまく動けなくなってしまいます。


また「これから運動するから、あんまり食べちゃ駄目だな」という意識があれば

自然とお箸のスピードにもブレーキがかかります。


もうひとつ、運動する時間をあまり遅くしてしまうと、

自律神経が刺激されてなかなか寝付けなくなってしまいます。

できれば、就寝の2~3時間前には運動を終えていたいところです。


また食後すぐに運動してしまうと、気持ちが悪くなってしまう可能性もあります。

できれば、食後1時間くらいあけてから運動をしましょう。

 

スケジュールの例

 

筆者の場合は、だいたいいつも

・夜の7時~8時前くらいに夕食を食べる。
・8時~9時に運動開始。
・12時~1時くらいに就寝。

というスケジュールです。


仕事の都合などで夕食が遅くなってしまった場合は、

有酸素運動の時間を減らすか、思い切って休むようにしています。


「どのタイミングで運動を行うか」というのは、

運動を行う人それぞれの生活リズムによって変わってきます。


また、寝る直前に運動しても、全く問題ない人や、

朝に運動をすると具合が悪くなってしまう人など、

体の特徴も人それぞれ違います。


「自分にはどの時間帯に運動するのが一番合っているのか」

それを知ることが重要なのです。

1ヶ月半で10kgの減量に成功!(女性向け)

トータルビューティー

バナー

男性専用ダイエットメソッド(男性版では売上ランキングトップ)

REBOL

バナー

効果的に運動しよう 関連ページ