バナー

テキスト トータルビューティーワーク REBOL

ランニングマシン

家庭で行う有酸素運動のマシンとして、昔からあるのがルームランナーです。

ただし、今のマシンは昔と違って多くの面で進化しています。


ルームランナーの特徴

現在のルームランナーには、衝撃吸収性にすぐれた走行面を持つものもあります。

さらに滑り止めの加工がされたものもありますので、

硬い路面のアスファルトを走るよりも、より安全に走ることができます。


ルームランナーの最大のメリットはやはり、自分の家でできると言う点ですね。

夜間しか運動する時間が無い場合、外へ出て走るのはちょっと怖いですよね。

特に、女性やお年寄りの方は抵抗があるでしょう。


自宅で運動を行うことができれば、

いつでも好きなときに運動をすることができます。


雨が降っていたり天候が悪い日でも、休まずに運動ができます。

テレビを見ながら運動することだって可能です。


ルームランナーのデメリット

もちろん、ルームランナーにもデメリットはあります。

最大のデメリットはやはり、その大きさですよね。


人が一人走れるスペースが必要になるので、

どうしても面積が大きくなってしまいます。


だからと言って、小さくて軽いものを選んだ場合、

今度は安定性が良くない、という問題が出てくるかもしれません。


最近は折り畳みができたり、軽量で簡単に移動できるようなものもあります。

そういったものを選ぶ場合は、走っても機械がふらついたりしないかどうか、

きちんと調べる必要があります。


もうひとつのデメリットが、騒音と衝撃の問題ですね。

人間が一人走るわけですから、かなりの音がでます。


騒音対策が何もしていないマシンだと、

一歩走るたびにドシンという大きな音が出てしまいます。


マンションなどに住んでいる人の場合は、

下の階の人に迷惑になってしまいます。


これも現在は、かなり騒音を軽減してくれるマシンが開発されています。

音に気を使わなければいけない環境にある人は、必須の機能ですね。


ルームランナーのデメリットに"値段が高い"と考える人もいますね。

しかしスポーツジムなどに通ったり、外で走るために格好良いウェアを揃えたり

そういった費用を考えると、結局は安く済む場合もあります。


アスリートが使うような、本格的なマシンを買うのならば別ですが

一般向けのルームランナーの場合は、値段はあまりデメリットにはなりません。


これは他のどんなものにも言える事ですが、ルームランナーにもやはり、

良いものから悪いものまでピンからキリまでいろいろと品質の違いはあります。


それらは値段が高いからとか、安いからとかはあまり関係なく存在しています。

ですから、購入時には性能や機能、耐久性などを

きちんと調べてから決めましょう。

1ヶ月半で10kgの減量に成功!(女性向け)

トータルビューティー

バナー

男性専用ダイエットメソッド(男性版では売上ランキングトップ)

REBOL

バナー

自宅でできる有酸素運動 関連ページ