バナー

テキスト トータルビューティーワーク REBOL

シューズ

ウォーキングやジョギング、ランニングなどは、特別な道具も必要とせず

お金をあまりかけずに、思いついたらすぐにはじめられるのが利点です。


唯一しっかりとしたものを選ばなければいけないのは、シューズです。


ウォーキングなどで"ただ歩くだけ"だからと、

カジュアルなスニーカーで挑戦してしまう人もいます。

しかしそれでは、しっかりとした運動ができません。


それだけでなく、運動に向いていなかったり、

形やサイズが合っていない靴でのトレーニングは、

怪我や靴擦れなどを起こしてしまうおそれもあります。


ウォーキング、ジョギング、マラソン(ランニング)には、

それぞれの運動に特化した専用のシューズがあります。


pic8.gif
どれかひとつだけの運動を行うのであれば良いのですが、

「ウォーキングとジョギングを気分に合わせて両方やりたい」とか

「ジョギングをメインにマラソンにも挑戦したい」という人もいるでしょう。


そういったときに、用途別にいくつもの靴を買っていたのでは

たくさんのお金がかかってしまいますよね。


大会に出るような、本格的なランナーを目指すのならば

やはり専用のシューズが必要になります。


しかし、ダイエットを目標に"適度な運動"をするのが目的なのであれば、

どの運動にも対応できるいわゆる普通のジョギングシューズがおすすめです。

 

ジョギングシューズの選び方

ジョギングシューズを選ぶときに注意する点はいくつかあります。

・ソールに十分な厚みがあり、衝撃吸収やクッション性に優れている。
・通気性がある。
・踵をしっかりとホールドしてくれる。
・紐などで適度に締め付けることができる。
・自分の足の形とサイズに合っている。


pic9.jpg
以上の点に注意して、あとは予算と見た目の好みで選んでも良いでしょう。

良く分からないときは、素直にお店の人に相談するのが一番ですね。


シューズ選びは、お店での試し履きも重要です。

シューズの形やサイズは、それぞれのモデルによって違ってきます。

実際に履いてみなければ、どれが自分の足に合っているのか知ることはできません。


お店で試し履きするときに知っておきたいのは、自分の足の形とサイズです。


pic10.gif
足の長さは、踵からつま先までの長さ。

足の幅は、親指の付け根あたりの一番出っ張っている部分をはかります。


足の長さは25cmだけど、横の幅が大きいので26cmの靴を履く。

逆に、普段は26cmの靴を履いているけれども、幅広のモデルは25cmを履く。

どちらの場合もあると思います。


また、足の形も大きく分けて3つの種類があります。


pic11.gif
1つは、親指から小指までなだらかな直線で徐々に短くなっていく形です。

日本人に一番多い足形とされます。

外反母趾になりやすいので、先端が細い靴を履くときには注意が必要です。


2つめは、人差し指が最も長く、山形になっているような形です。

特に人差し指が長い人の場合は、縦のサイズに少し余裕のあるものを選ばないと

履くときに指が曲がってしまうことがあります。


3つめは、親指から小指までの長さにあまり違いが無い形です。

足の先の形がやや四角くなっています。


先端が細い形のシューズだと、足先が圧迫されてしまったり、

先の方が余ってユルユルになってしまうこともあります。


このように、サイズだけでなく自分の足の形も知っておけば、

試し履きのときにどのようなモデルを選べば良いかわかるでしょう。


筆者ならば、足の幅や形に合わせてサイズの大きいシューズを選ぶよりも

幅の広いモデルのシューズを選ぶことをおすすめします。

やはり、ぴったりと自分の足に合ったものを選びたいですね。


シューズを買いに行くときは、足のむくみが出やすい夕方が良いとされています。

ただ「毎日朝の運動を習慣にしている」というような人は、

午前中に選びに行くのも良いでしょう。


シューズとともに、ソックスも重要です。

運動用のソックスが用意できればより快適になるでしょう。

1ヶ月半で10kgの減量に成功!(女性向け)

トータルビューティー

バナー

男性専用ダイエットメソッド(男性版では売上ランキングトップ)

REBOL

バナー

トレーニングをしよう 関連ページ