バナー

テキスト トータルビューティーワーク REBOL

バイクを選ぶ

せっかく自転車を使ってダイエットを始めるのであれば、

新しいバイクが欲しいところですよね。


スピード競技や、自転車旅行をするのではなく、

ダイエットを目的に乗る自転車であれば、

値段と見た目で決めてしまっても大きな問題は無いでしょう。


ただし、いわゆる"ママチャリ"と呼ばれている自転車はおすすめできません。

やはりスポーツ用のバイクを選んだ方が良いでしょう。


サドルに体重のほとんどを乗せて座るママチャリだと、

前傾姿勢がとりづらく、スピードを出したり長時間乗るのには向いていません。

また、腕やお腹の筋肉もあまり鍛えることができません。

 

スポーツタイプの種類

スポーツタイプのバイクは、大きく3つのタイプに分けることができます。


まず、本格的な競技などにも使われるロードレースタイプ。

ドロップハンドルが特徴ですね。

かなりスピードが出せて、長時間乗ることもできます。


その反面、タイヤが細い・前傾がキツイなど、

初心者には扱いにくい部分もあります。


MTBと呼ばれるマウンテンバイク系も人気があります。

サスペンションが付いたものは、快適な乗り心地が特徴です。

街中で乗るのにも適していますね。


タイヤが太く安定感がある反面、接地面積が多いので

ペダルが少し重く感じることもあります。


上の2つの特徴を合わせたのが、クロスバイクなどと呼ばれるものです。

マウンテンバイクのようなT字型のハンドルに、ロードレーサーのような

細いタイヤをはいています。


デザインもオシャレなものが多く、街中で乗ることもできます。

ただしメーカーや、モデルによっては、

あまり運動に向いていないものもあります。


クロスバイクを選ぶ際には、運動にも適しているか、

お店の人に聞くなどしてしっかりと確認する必要があります。

 

pic12.gif
それぞれの特徴・メリット・デメリットをまとめてみましょう。

  特徴 メリット デメリット
ロードレーサー ドロップハンドル
細いタイヤ
スピードが出せる
長距離が走れる
初心者には扱いが難しい
本格的なものは値段が高い
マウンテンバイク T字型ハンドル
タイヤが太い
安定感がある
街中で乗れる
悪路でも乗れる
ペダルが重くなる
クロスバイク T字型ハンドル
タイヤが細い
ペダルが軽い
街中でも乗れる
スポーツに向かないモデルもある


最初の一台であれば、値段は3万円前後のものでも十分でしょう。

あとは、できればきちんとしたメーカーのものを選びたいですね。


また、自転車にはサイズがあります。

きちんとお店の人に相談をしてから購入しましょう。

できれば一度試し乗りしてみてから選びたいですね。

1ヶ月半で10kgの減量に成功!(女性向け)

トータルビューティー

バナー

男性専用ダイエットメソッド(男性版では売上ランキングトップ)

REBOL

バナー

トレーニングをしよう 関連ページ