バナー

テキスト トータルビューティーワーク REBOL

お腹を引き締める

スムーズで楽に泳ぐためには、水の抵抗の少ない

正しい水中姿勢を身につけることがとても重要です。


水の抵抗の少ない水中姿勢は「けのび」をしてみれば分かります。

理想的な「けのび」は、以下のような状態です。


・手の先から足の先まで真っすぐ伸びている
・アゴを引いている
・お腹が引き締まっている
・お尻が少しぷかりと水面に出ている


pic21.gif
このなかで一番間違っている人が多いのが"お腹"の部分です。

「うまく泳げない」という人の多くは、この「お腹を引き締める」

というのがなかなかできていない人なのです。


お腹をきちんと引き締めて、すこしへこんだ状態にしておかないと

自然と腰が反ってきてしまいます。

そうすると、反った腰の部分に水圧がかかり、下半身が沈んでしまいます。


そうならないために、しっかりとお腹を引き締めて、

背筋を伸ばして胸をはる必要があります。


また、お腹を引き締めることを意識することで、

自然と腹筋を鍛えることにもなります。

ダイエットという点でも、お腹を引き締めて泳ぐことはとても効果的です。


簡単にできる腹筋運動

うまくお腹を引き締めることができないという人は、

個別に腹筋を鍛える運動をしても良いでしょう。

水の中でできる簡単な腹筋運動を紹介しましょう。


やり方は簡単です。

水の中で、両足を上げた状態で図のような姿勢になります。


pic22.gif
あとは、両手を使って水を漕いで、前に進みます。

腹筋に力が入っていないと足が下がってしまいます。

この運動で、お腹を引き締める感覚を身につけましょう。


最初は、前よりも後ろへ進む方が簡単かもしれません。

ただし、人が多いプールなどで行う場合は、

後ろの人とぶつからないように注意しましょう。

1ヶ月半で10kgの減量に成功!(女性向け)

トータルビューティー

バナー

男性専用ダイエットメソッド(男性版では売上ランキングトップ)

REBOL

バナー

トレーニングをしよう 関連ページ