バナー

テキスト トータルビューティーワーク REBOL

ウォーキング

有酸素運動をダイエットに取り入れる上で、

ウォーキングとジョギングはとてもおすすめです。


実際に、筆者もこの2つをダイエットに取り入れることで

12キロの減量に成功しました。


誰でもできる有酸素運動

普通に生活をおくっている人ならば"歩く"という行為は誰でもできますよね。

特に訓練やおおげさな準備なども必要なく「始めよう」と思ったら、

すぐにでもできる運動です。


その"歩く"という動作には、足だけではなく、お尻や腰、背中や腕など

全身の筋肉をくまなく使います。

全身の筋肉に適度な刺激を与えることで、衰えにくい体を作ることができます。


さらにウォーキングは、ジョギングやランニングよりも軽い運動です。

体への負担も少ないので、お年寄りでも、運動にあまり慣れていない人でも

無理なくできるのが特徴です。


ウォーキングで血行改善

ウォーキングで刺激を受けるのは、筋肉だけではありません。

有酸素運動ですから心肺機能に関する器官にも、もちろん刺激が加わります。

さらには、血流を改善する効果もあります。


私たちの体で、心臓から送り出された血液は全身を巡って、

再び心臓に戻ってくるサイクルになっています。


このとき、血液は重力の影響を受けます。

どうしても、足の下の方へと血が滞ってしまいがちになります。


ウォーキングを行うと、適度に足の筋肉が収縮され、

足の方にたまってしまった血液を心臓に送り返す働きを促進させるのです。

(この効果をミルキング・アクションと言います)


pic1.gif
これらの効果は、ただ歩くだけでもそれなりに得ることができます。

しかしそれ以上に、きちんとしたやり方を知り、正しく運動を行うことで、

より大きな結果を得ることができるのです。


次回からは、ウォーキングについてさらに詳しく説明して行きましょう。

1日5分でウエストマイナス5cm当たり前!?(女性向け)


門脇さんがたった1ヶ月で6kg痩せた秘密はコチラ↑

バナー

 

41歳でも、たった3ヶ月で体脂肪率「23.4%」⇒「8.4%」!(男性向け)

REBOL

バナー

 

トレーニングをしよう 関連ページ