バナー

テキスト トータルビューティーワーク REBOL

成功するために

ウォーキングは誰でも簡単に始めることができるのが特徴です。

ただ歩くだけならば、特に意識することもなくできる運動です。


始めのうちは、あまり歩くフォームなども意識せず

自分が最も歩きやすいと思う形で運動しても良いでしょう。


しかし、正しく歩くフォームを身につければ、

効率よく脂肪を燃焼させることができるのです。

ダイエットが成功するためには、是非とも身につけたいですね。


ウォーキングのフォーム

基本となる立ち姿は、前回説明しましたね。

そこから、左右どちらかの足を自然に前に振り出して見ましょう。


pic3.gif
視線は前を向いて、肩の力を抜いてリラックスします。

背筋を伸ばして肘を軽く曲げましょう。


腕の振りで意識するのは、肘を後ろに引くときの感覚です。

あまり大きく振る必要はありません。

肘を「前に振る」のではなく「後ろに引く」ことを意識しましょう。


そうすると、自然に反対の足が前に出るようになります。

さらに、背中の筋肉や骨盤も大きく動くようになります。


歩くときは、足と一緒に骨盤の左右も

前に押し出すようなイメージを持ちましょう。


前に出た骨盤に体重を乗せるようにすれば

自然と背筋も伸びて、綺麗なフォームになります。


足裏の体重移動

ウォーキングの足は踵から着地します。

そのままスムーズに体重を前の方に移動させて

つま先で蹴り出すようにします。


つま先で着地したり、踵を引きずるような歩き方だと

膝や腰にかかる負担が大きくなってしまいます。


pic4.gif
1.左右の足は踵から着地しましょう。


2.着地した足に体重を乗せ、

踵から足の外側を通り、つま先まで体重が移動するように意識します。


3.最後に、親指の付け根に体重を移動させ、

足の指と親指の付け根で地面を蹴り出します。


後ろの足はできるだけ後方で蹴り出すようにしましょう。

足を前に出すよりも、後ろ足で蹴り出すことを意識します。


蹴り出した反対の足の踵で着地して、同様に繰り返しましょう。


こうして言葉にして説明すると少し難しく思えてしまいますが、

ポイントをちょっと意識するだけで簡単に歩けるようになります。


正しいフォームで歩くことで、脂肪燃焼の効率がかなり違ってきます。

ダイエットが成功するために、正しいフォームを身につける。

これは、あと5キロの体重を減らすための大きなコツです。

1ヶ月半で10kgの減量に成功!(女性向け)

トータルビューティー

バナー

男性専用ダイエットメソッド(男性版では売上ランキングトップ)

REBOL

バナー

トレーニングをしよう 関連ページ