入浴

MENU

あなたの人生を変えるかもしれないダイエット

入浴

運動を毎日続けるのであれば、翌日まで疲れを残したくはありませんよね。
運動でたまった疲れを癒すのに、入浴はとても効果的です。

 

入浴によって、体に水圧をかけて血流を促進させます。
そして、ゆっくりと体をあたためることで血管がひろがり、
疲労回復につながるのです。
;

体の疲れを癒す入浴法

疲労を回復するのであれば、38度前後のほんの少しぬるめのお湯に
10分くらい浸かることをおすすめします。

 

ただ、その間ずっと肩までつかってしまうと、心臓に負担がかかってしまいます。
長時間入浴する場合は、浴槽にイスなどを入れて半身浴をしましょう。

 

pic35.gif
両手はお湯から出しておいて、腰くらいまでお湯に浸かりましょう。

 

あまり熱いお湯に浸かると、やはり心臓に負担がかかってしまいます。
それに瞬間的に体の表面を暖めても、体の芯は冷えたままのこともあります。
;

シャワーだけのときは?

自宅のお風呂に湯船がなかったり、どうしても時間が無くて、
入浴がシャワーだけになってしまう場合は、少し高めの温度に設定しましょう。

 

40度くらいの温度で、心臓から遠い場所から
徐々に体の中心に向けてお湯をかけていきます。

 

全身にシャワーをかけて今の温度に慣れたら、もう少し温度を上げて
めいっぱい全身にシャワーをかけて体をあたためましょう。

 

十分に体が温まったら、最後に少しぬるめ(25度くらい)のお湯をサッとかけて
体をひきしめましょう。
;

足湯のすすめ

大き目のバケツやたらいなどにお湯を入れて、
足湯に入るのも、足の疲れをとるのにおすすめです。

 

pic36.gif
38~40度くらいのお湯をはって足を入れましょう。
ウォーキングなど、足を使う運動をした後は、
膝くらいまでお湯に浸かりたいですね。

 

足湯をしている間は、上半身が冷えやすいので注意しましょう。
温かい格好をしたり、かけ湯をして、体が冷えないようにしましょう。

 

ゆっくり入浴をすれば、ストレスの解消にもなりますよね。
汗をかいて老廃物を排出することができれば、
さらにダイエットの効果が期待できます。

 

ただ、なにごともやりすぎは体にとって害になってしまいます。
のぼせたり、湯あたりしないように注意しましょう。



 

 

1日5分でウエストマイナス5cm当たり前!?(女性向け)


門脇さんがたった1ヶ月で6kg痩せた秘密はコチラ↑

 

トータルビューティーワーク

 

 

41歳でもたった3ヶ月で体脂肪「23.4%」⇒「8.4%」!(男性向け)

ダイエット

 

ダイエット