あなたの人生を変えるかもしれないダイエット

さらに効率よく痩せる

同じ有酸素運動をしていても、脂肪を燃焼させるための知識を持っていたり、摂取カロリーや消費カロリーを少し気にするだけで、ダイエットの効率は格段によくなります。また、ちょっとした筋力トレーニングをプラスするだけでもさらに効率よく痩せることができます。有酸素運動と無酸素運動を同時に行う場合は、その順番も効率に大きくかかわってきます。ここでは有酸素運動で、さらに効率よく痩せるための知識を紹介します。

 

さらに効率よく痩せる記事一覧

有酸素運動と言っても、その目的によっていろいろな運動のレベルがあります。また同じ運動をしていても、ちょっとした違いで、脂肪燃焼の効果が変わってくることもあります。効率よく脂肪を燃やす有酸素運動では、運動中に取り込んだ酸素を使って、体内の糖質や脂肪を燃焼させます。その力をエネルギー源にして、運動を行います。ですから、より多くの呼吸を体に取り込むことができれば、それだけ多くの脂肪を燃焼させることができ...

効率よく痩せるために、消費カロリーを知っておくことも役に立ちます。カロリーには、運動で消費するカロリーと、食事などで摂取するカロリーがあります。この2つはイコールの関係が成り立ちます。つまり、食べて摂取したカロリーと、運動で消費したカロリーが同じであればプラスマイナスゼロとなるのです。;カロリーの帳尻合わせこれから自分が行う運動がどれくらいの消費カロリーなのか?自分が食べたものがどれくらいの摂取カ...

"有酸素運動"があるのですから、当然その反対の"無酸素運動"もあります。ただし、単に呼吸を止めて行う運動だというわけではありません。有酸素運動は、酸素を燃焼させながらエネルギーを発生させます。それに対して無酸素運動は、酸素を使わずに運動エネルギーを取り出します。そのため、瞬間的に大きなパワーは出せますが、短時間しか持続できません。具体的には、筋力トレーニングや短距離走などが挙げられます。難しい説明...

最近"活性酸素"という言葉をよく耳にします。成人病の90%が、この活性酸素が原因で起きていると言われることもあります。さらには「運動をすると活性酸素がたまるのでしない方がいい」なんて、大げさなこと言っているものを見たこともあります。活性酸素に関しては、まだまだ研究することが多いので、正確で詳しいことはよくわかりませんが、少なくとも"運動をしてはいけない"などということはありません。;有酸素運動の場...

無酸素運動の代表的なものに筋力トレーニングがあります。この筋トレを、有酸素運動と組み合わせることで、より大きなダイエット効果が期待できるようになります。筋トレのダイエット効果筋力トレーニングなどの無酸素運動中は、あまり脂肪は燃焼しません。ですから、筋トレだけで体脂肪を落とすのは難しいのです。しかし、トレーニングをすることで体の筋肉量が増えればそれだけ普段の生活で消費する基礎エネルギー量が増加します...

有酸素運動と筋力トレーニングを一度に行う場合、その順番はどちらから先にやった方が良いのでしょうか?おそらく多くの人が「そんなの有酸素運動が先に決まってる」と思うでしょう。事実、少し前までは「有酸素運動で少し体を温めてから筋トレした方が良い」なんて言われていました。しかしこういった理論は、研究が進んだり、運動方法が進化したりいろいろな理由で頻繁に変わることがあります。2012年現在の運動理論だと「筋...

1日5分でウエストマイナス5cm当たり前!?(女性向け)


門脇さんがたった1ヶ月で6kg痩せた秘密はコチラ↑

 

トータルビューティーワーク

 

 

41歳でもたった3ヶ月で体脂肪「23.4%」⇒「8.4%」!(男性向け)

ダイエット

 

ダイエット