あなたの人生を変えるかもしれないダイエット

サイクリング

自転車に乗ることに慣れてきたら、もう少し遠出がしたくなりますよね。
サイクリングに出かけて、長時間自転車に乗れば、脂肪もたくさん燃焼します。

 

長い時間サイクリングをするときに、
意外と重要になるのが自転車の乗り心地です。
乗っている間にお尻が痛くなってしまったら、嫌になってしまいますよね。
;

サドルをかえてみよう

自転車で運動する最大のメリットは、
"サドルに座って運動する"ことだと前回言いましたね。

 

軽く見られがちなパーツですが、直接体重を乗せるサドルは
乗り心地に大きな影響があります。

 

ダイエットが目的で自転車に乗るのですから、
できるだけ長い時間乗り続けたいですよね。

 

本格的なサドルは、スピードが出せるように細く、硬くできています。
しかしこれだと、乗っている間に股が痛くなってしまうこともあります。

 

股の部分にパットの入ったサイクルパンツやインナースパッツを履くことで
この痛みは軽減できますが、毎日乗るとなると洗濯が大変ですね。
何日分もパッドを用意するわけにもいきません。

 

長い時間乗っていてもお尻や股が痛くなってしまわないように
サドルを交換するのもひとつの手段です。

 

pic13.gif

 

サドルの真ん中に穴が開いて空洞になっているものや
衝撃吸収の素材が入っているもの。
分厚いクッションでお尻を守ってくれるもの。

 

など、サドルだけでもいろいろな種類があります。
シートポストにサスペンションが付いていて衝撃を吸収してくれるものもあります。

 

これらのサドルは、数千円で手に入れることができますので
自分に合ったものが見つかるようにいろいろ試してみても良いでしょう。

 

ちょっとしたお金をかけるだけで、
あなたの自転車の乗り心地が大きく変わりますよ。
;

安全や体調管理にも気をつけて

サイクリングで気をつけなければいけないのは乗り心地だけではありません。
安全や体調管理などは、最も注意しなければいけないポイントです。

 

交通ルールを守ることはもちろん、装備の面でも揃えておきたいものがあります。
まず必要なのは、ヘルメットです。

 

道路で転倒してしまったときにヘルメットがあると無いとでは、
怪我をする確率が大きく違ってきます。

 

初心者向けのものであれば、数千円で買うことができます。
必ず自転車用のヘルメットを用意しましょう。

 

もうひとつは、水分補給のためのボトルです。
長い時間運動するのであれば、こまめな水分補給は絶対に必要です。

 

ボトルを固定する金具を自転車に付ければ、
運転中にも簡単に取り出して飲むことができます。

 

ポーチやリュックにペットボトルの飲み物を入れておくだけでも良いでしょう。
長いストローを使って、ポーチやリュックから直接補充する方法もあります。

 

pic14.gif
遠出をするのであれば、目的地までのしっかりとした道のりや
所要時間などを調べておくことも重要です。

 

サイクリングをするときは、安全と健康を第一に考えましょう。



 

 

1日5分でウエストマイナス5cm当たり前!?(女性向け)


門脇さんがたった1ヶ月で6kg痩せた秘密はコチラ↑

 

トータルビューティーワーク

 

 

41歳でもたった3ヶ月で体脂肪「23.4%」⇒「8.4%」!(男性向け)

ダイエット

 

ダイエット